水道関連のトラブルは工事の前にチェック

水道関係のトラブルは外見からは分かりにくく、知識がないと修理が難しい場合があります。場合によっては工事が必要になることもあります。水まわりのトラブルは、何かしらの兆候がある場合があります。小さな兆候を見逃さないように、対処する必要があります。

■年数とともに劣化する

水道管は消耗品であり、10年以上経過すれば水道管の材質であるステンレスも変形、さび、亀裂などの破損の可能性があります。温度による変化や地震や振動、夏と冬の寒暖差など時間の経過とともに、一定の劣化は仕方がないことです。水道自体は使えているため、水が出にくくなる、流れが悪いなどの不自由さがあっても工事などはせず、放置されてしまうことがあります。


■予兆は見逃さない

水回りは少し異変があっても、通常通り使用では、上水道、下水道ともに細微なトラブルであれば使えるため、そのまま放置されることがあります。しかし、水回りで何か違和感を覚えている場合、大きなトラブルの前兆である可能性があります。最悪のケースの一例として、水道管が破裂すると、2階以上のマンションやアパートに在住の人の場合、下層階に水漏れなどが発生して損害賠償を請求される危険もあります。もし、些細な予兆であったとしても、専門家であるプロの業者に早めに相談するのがよいでしょう。


■まとめ
水道関係は、水が流れているからといって、何か兆候が見つかった場合は放置せず、適切に対処することがポイントとなります。集合住宅で大規模なトラブルが起きてしまうと、周辺の住民にも迷惑をかけてしまう可能性もあります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ