業務用の水道の工事について

業務用の飲食店の水道工事の場合、意外と大掛かりとなり手間がかかってしまうことがあります。トラブルを放置すると周囲のテナントにも問題が波及し、後で苦労することも珍しくありません。業務用の下水道は特に共有となっている場合があるため、早めに対応することが求められます。

■業務用飲食店の水道管工事

業務用で飲食店のテナントを借りた場合、水道管が老朽化してしまい、のちに工事や補修が必要になります。賃貸という性質上、水道管は借りた人の所有物として判断されてしまうことになりますので、補修や管理などの対応は賃貸者の責任となり、補修をしなければならない場合があります。放置すると、さらに状況が悪化し、大掛かりな工事が必要になる場合があるなど、負担が大きくなることがあるため注意が必要です。


■トラブルを放置せず管理会社に相談を

水道管の工事に関しては、もし水が溢れる、悪臭がする、などの場合はそのまま放置するのではなく、管理会社に相談した上で、賃借人に責任がある場合でしたら早期に業者に依頼して問題解決に努めましょう。何が問題なのかはっきりとしますし、アフターフォローや原因、今後同じことが再発しないように対処もしてくれるため安心です。余計な負担や問題が発生しないよう、対処してくれるので安心です。



■まとめ
賃貸物件の不動産で水道関係にトラブルが発生した場合、責任は賃貸者と判断されてしまうことがあります。そのときには、他のテナントに問題が派生しないためにも早期解決で修理、補修を心がけてください。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ